泣くことは意外に大切なのかもしれない

“あなたは泣くことはありますが?もしあなたが大人であったり、男性であれば、泣いて涙を流すということはあまりないのではないかと思います。しかし、泣くという行為は、実はとても大切であるのです。
そもそも、人はなぜ泣くのでしょうか。それは、ストレスを軽減するためです。心身に悪い影響を与えるストレスを避けるために泣くのです。また、涙には「ロイシン・エンケファリン」という物質が含まれています。この物質にはストレスによる心身へのダメージを和らげる役割があります。
このように、泣くということは意外にも大切な行為であるのです。男の子は泣いてはいけないだとか、大人が泣くのは恥ずかしいとか言われていますが、そういう人たちこそ泣いた方がいいわけです。私も普段は泣くことはありませんが、ストレスが溜まっている時や辛いときなどは涙を流すようにしています。ストレスは甘く見てはいけないものです。様々な病気につながることがあるからです。それを防ぐためにも、時には泣いて上手にストレスを解消させましょう。”引越し 見積もり