フレンチトーストが上手く焼けた話

今日は仕事が夕方からだったので、朝そこそこ遅めに起床。
普段はギリギリまで寝てしまってクッキー1枚とか牛乳だけ飲んで出勤する事が多いので、久々にちゃんとした朝ごはんを食べようと思いました。
何を作ろうか迷いましたが、しばらく作ってなかったフレンチトーストを作る事にしました。
卵1個、砂糖大さじ1杯、牛乳80ミリリットル、バニラエッセンス数滴を深めのお皿に入れてかき混ぜ、そこに食パンを入れて両面2~3分づつぐらい(合計5分以上)漬け込みます。
そしてフライパンを弱火で熱してバターを溶かし、両面1~2分ずつぐらい(合計3分以上)弱火で焼いたら出来上がりです。
焼く時にバターを入れなければならないのに間違えて油をひいてしまい、仕方が無いのでそこに更にバターを追加したのですが、上手い具合に焦げずに溶けてくれました。
焦げやすいですよねバターって。
先に油をひいてからバターを溶かすと良いという事は一応知識として知ってましたが、なんとなく両方使うのがもったいなくてやった事はありませんでした。
今回偶然ですがやってみて思ってたより良い感じに溶けたので、次から毎回やろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です